一段と寒くなる季節。
冬の到来とともに温かいおそばが美味しくなります。
ご紹介いたしますのは、神田まつやでも特に人気の高いメニューの「鴨南ばんそば」と、「かしわ南ばんそば」、そして「親子南ばん」です。
ご挨拶のページ

神田まつやの「味」の秘密

神田まつやのおすすめメニュー

メニューのページ

通販商品

神田まつやの地図

吉祥寺店

当店へのお問合せはこちらへどうぞ

神田まつやのトップページで


鴨南ばん・かしわ南ばん
鴨南ばん
かしわ南ばん
親子南ばん

鴨せいろそば
鴨せいろ


釜揚げうどん


かき揚げ天丼


焼き鳥
わさびかまぼこ


このページのトップ
(一番上)の写真
神田まつやから程近い、赤レンガの中央線ガードと神田川です。かつては万世橋の駅がありました。




鴨南ばん そば > ****円(税込み)
合鴨です。鴨肉の旨みが効いた風味溢れる一品。柚子の香りと、長ネギの甘みもお楽しみください。つくねも入っております。寒い冬には一番のお薦めです。
おそばを食べた後は、つゆにそば湯を入れてお召し上がりください。
▲ このページの先頭へ




かしわ南ばん そば > 1000円(税込み)
柔らかく上品な味の鶏肉のそばです。胸肉3枚、もも肉2枚も入っていて、ボリュームもたっぷり。出汁の効いたやや濃い目のつゆと、そばのハーモニーをお楽しみください。
アツアツのそばは、ぽっかぽかになります。
人気のメニューです。
▲ このページの先頭へ




親子南ばん そば > 1050円(税込み)
ふんわりしていて、とろっとした玉子の美味しさ。アツアツで体中が暖まります。柔らかくジューシーな鶏肉に、しゃきしゃきしたネギの相性も抜群です。麺(そば)を食べ終わった後、そば湯を入れれば、かき玉とつゆの微妙な美味しさを更にお楽しみ頂けます。是非一度お試しください。




One Point Memo
「南ばん」っていったい・・・?
元々は南方の異国を意味していた言葉です。唐辛子などを南蛮辛子などと言います。鴨南ばん、カレー南ばんの「南ばん」は長ねぎのことを言うらしいです。それは長ねぎが大阪の難波(なんば)の名産だったからとか。(Wikipediaより)


神田まつや「お薦めのページ」に戻る


その他、神田まつやからのお知らせ、最新情報は、
トップページに掲載しております。
(時々、更新しております。)




神田まつや
電話: 03−3251−1556
住所: 〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1−13
営業時間: 11:00〜20:00(月〜金)   11:00〜19:00(土・祝)
定休日: 日曜日(祝祭日は営業いたします。)
URL: http://kanda-matsuya.jp/


(C) Kanda-Matsuya Since 2007  ウェブサイト管理に関するお問合せは>>> こちら <<<までお願いします。